スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長に合わせて適切なシートを選びましょう

現在、日本では6歳未満の幼児が車に同乗する際に、
チャイルドシートの着用が義務づけられています。

チャイルドシートは、お子様の成長段階に合わせて
「乳児用(ベビーシート)」
「幼児用(チャイルドシート)」
「学童用(ジュニアシート)」の3種類がありますが、

●ベビーシート
後ろ向きに装着する「シートタイプ」と、
横向きに装着する「ベッドタイプ」があります。
乗せ降ろしの際シートを回転させられるタイプは、
車高の低い車で特に便利です。

●チャイルドシート
前向きにシートを装着して使用します。
兼用タイプには、インパクトシールドと呼ばれる
胸当てガード付きのものもあります。

●ジュニアシート
背もたれ付きのタイプと、
シートのみのタイプがあります。
座高を高くし、シートベルトが正しい位置で
装着できるようにサポートします。

兼用タイプなど、幅広い商品がありますので、
お車やお子様の成長に合わせて、
適切なシートを選びましょう。



まずは、商品をお確かめ下さい↓
>>MAXI-COSI マキシコシ ペブル インテンスレッド購入はこちらから<<






歌って踊って カラオケ大会 カラオケマイクならオンステージ
 テレビに繋ぐだけ!パーソナルカラオケ オンステージ Z-PK901W
撮りたい映像をさっと撮影 コンパクトで軽量だから疲れない
 コンパクト設計でポケットにも入るパナソニックHDC-TM45


スポンサーサイト

取り付けが簡単で分かりやすいものを

チャイルドシートを装着するのは
力仕事・・・

と思っていませんか?

一度装着したら、面倒なので付けっぱなし。
と言うご家庭も少なくないはずです。


チャイルドシート選びは、ここもチェックポイントになります。

ママひとりでも取り付けができるよう、
取り付け方がわかりやすく、
軽いものがいいですね。

座席ベルトが通しやすく、
しっかり固定できるものを選んで、
誤使用による事故を防ぎましょう。

そして、最大のチェックポイントです!

お子様の体格に合ったものを選びましょう!

製品によって使用年齢が異なります。
年齢だけで判断せずに、
使用する時点でのお子様の体重や体格に見合った種類を選びましょう。


メーカーによっては、結構お高いものもあります。

口コミや評価を参考にして
より良いものを購入してくださいね♪

まずは、商品をお確かめ下さい↓
>>MAXI-COSI マキシコシ ペブル インテンスレッド購入はこちらから<<







売れ筋・注目ランキングで1位 タニタ 体組成計 乗るピタ ココなら最安値で購入可能
 身体を流れる電流の抵抗値から体脂肪率を推移 タニタ 体組成計
浅漬け名人 で ぬか漬け名人になれます
 大人気!浅漬け名人(菜漬器) レシピつき


MAXI-COSI マキシコシ ペブル

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。